Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハウルの動く城の都市伝説が怖い!制作に纏わる裏話を暴露!

2018年8月10日に金曜ロードショーで
放送予定のジブリ映画「ハウルの動く城」

2004年に劇場公開となって以来、
地上波ではこれまでに5回放送されています。

ジブリ映画というと、都市伝説に関する話題が
多く眠っているとも言われていますが、
この「ハウルの動く城」も例外ではなさそうです。

ジブリ映画というと、一見怖くなさそうな
雰囲気ですが、どうやら「ハウルの動く城」に
関する都市伝説は怖いとの噂。

そこで今回は、そんなハウルの動く城に
まつわる都市伝説について
取り上げていきたいと思います!

 

 

 

ハウルのお城が動く理由

 

引用元 スタジオジブリ ハウルの動く城

 

映画のタイトルにもなっている、
ハウルたちが住まいとしているお城は
ぱっとみた感じ、

ハウルのルックスとは裏腹に
奇抜というか、怖い感じがします。

 

そんなお城が動く理由というのは、
もともと

「振られた女性から逃げる」
女性においかけられないため」

といった設定があったようです。

 

しかし、ジブリ作品の「ハウルの動く城」では
戦争から逃げるためという理由に
変更になったと言われています。

その裏には、元々は細田守監督が
制作する予定だったのが、

宮崎駿監督に変更することになり
城を動かす設定までオリジナルに
変わったからというもの。

ちなみに、原作版での設定は
以下のようなものだったとか。

 

ハウルは容姿がよく女性受けが良い
ルックスであることに加え、

あらゆるところで女性に対して
甘い言葉をかけては誘惑します。

 

引用元 スタジオジブリ ハウルの動く城

 

油断すると女性がいろんなところから
押しかけてくるといった弊害も
あるほどなんだとか!

 

酷いときには、なぜか女性の家族までもが
やってくるということなので、

そういった事態を避けるために
移動することができる住まいを
作る必要性に迫られたようです。

映画のタイトルにもなっている
「動く城」にはそんな裏話が
隠されていたわけです・・・

 

 

宮崎駿が監督を拒否した本当の理由とは?

 

「ハウルの動く城」がもともとは
細田守監督による指揮の元で
制作が行われていました。

実際に2003年の春には映画公開を
控えてもいたのですが、
公開予定の1年前の2002年には
企画が白紙になってしまう事態に。

いったいなぜ企画が白紙に
なってしまったのか?

 

まず、宮崎駿監督としては若い世代の監督に
活躍してもらいたいという思いが
あったそうです。

 

それは若い世代のほうがアイデアも豊富で
今後も長期的な視点から考えると、
引き際を考えていたということもあったとか。

事実、宮崎駿監督は「千と千尋の神隠し」を
自身の引退作品にしようと考えて
いたようです。

 

ハウルの動く城の監督が宮崎駿になった本当の理由

 

ハウルの動く城の制作は、当初細田守監督の
指揮下において行われていました。

しかし、それを否定するかのように
結局は宮崎駿氏が監督となって
再度制作しなおすことになりました。

その裏側には、監督と製作スタッフとの
信頼関係がないと難しいといった
ところがあったとか。

ジブリ側としては言葉を濁して
いるようですが、製作スタッフと
細田守監督との間でトラブルが
あったようです。

 

 

ソフィーが老婆になった本当の理由とは?

引用元 スタジオジブリ ハウルの動く城

 

主人公のソフィーは、もともと少女
だったのですが魔女によって
呪いをかけられてしまい老婆と
なってしまいます。

ちなみに、ソフィーが魔女の
呪いによって老婆となってしまう
というのは、

作者のダイアナ・ウィン・ジョーンズが
牛乳アレルギーを患ったことから
ヒントを得たそうです。

実際、牛乳アレルギーにかかったことで
髪の毛が白くなったりしわが増えてしまう
といったことがあったとか。

また、作者自身物語の主人公を女性にしたい
という思いを抱いてもいたようで、

ソフィーのような「呪いで老婆になった女の子」
という独創的な設定は面白いと判断したのでしょう。

 

 

ソフィーが自信を持てない理由は、長女という立場が原因?!

 

原作でも映画版でもソフィーは
控えめな性格のためか、
自分に自身を持つことができない様子。

 

どうやらイギリスのおとぎ話では
長女という設定は、
「運が悪く何をやっても成功しない」
という迷信があるそうです・・・

ですが、映画版と原作版の違いは
ソフィーはハウルとの触れあいによって
徐々に変わっていくところのようです。

それは、宮崎駿監督による
独自の考え方というか、
原作との差別化なんだと思います。

 

 

原作版の結末が怖い・・・

映画版「ハウルの動く城」は
ハッピーエンドで幕を閉じますが、

原作版ではハウルとソフィーは
結ばれるものの、ともに命を失って
天国で結ばれるという、

怖いというか悲しい?!結末に
なっています・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です