Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ITTHEEND(映画2019)ネタバレと感想!結末までのあらすじや見どころを暴露!

2017年に劇場公開してホラー映画で
No.1の興行成績をたたき出した映画
「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」
続編にあたる作品が、

日本では2019年11月1日より
公開となります。

タイトルは
「ITイットTHE END “それ”が見えたら、終わり。」
となります。

今作では、前作の27年後が舞台となり、
前作では少年や少女だった登場人物たちが
大人になって、

再び“それ”と対峙していき、
事件を解決していくといった
ストーリーになっていく模様。

この記事では、映画
「ITイットTHE END “それ”が見えたら、終わり。」
について、

  • ネタバレ
  • 感想
  • 結末までのあらすじ
  • 本作の見どころ

について取り上げていきたいと
思います!

スポンサーリンク

映画「ITイットTHE END “それ”が見えたら、終わり。」前作と今作の簡単なあらすじ

前作の時代である27年前に、小学生くらいの
子供が相次いで失踪してしまう事件が続き、

吃音の少年であり、のちに「ルーザーズ」
と呼ばれる負け犬クラブのリーダーとなった
ビルの弟が、

ある日何者かによって行方不明に
なってしまう。。。

そんな弟の失踪によって
自分を責め立てて悲嘆に暮れていた
ビルは、「それ」と対面する。

「それ」は、弟の失踪と関係する
存在で、ビルを恐怖のどん底に
陥れた張本人でもあった。

そんな折、ビル以外にも「それ」と
遭遇してターゲットにされている
といった、同じような被害に逢っている
子供達と出会う。

そして、ビルたちは、
「それ」による恐怖体験を共有
したことで、連帯感が生まれ、

「それ」に打ち勝つため、
反撃することを決意。

その後、ビルたちは「それ」と
対決をして消滅させることに
成功したのだった・・・

そして、それから27年後
小さな田舎町で再び「それ」によって
子供たちが連続して失踪する事件が
発生してしまう。

27年前に生き延びたビルたち
「ルーザーズ・クラブ」の面々は、

27年前に交わした約束を果たすために、
そして「それ」に引き寄せられるかの
ように、再び対峙することとなる。

スポンサーリンク

映画「ITイットTHE END “それ”が見えたら、終わり。」キャスト

ここからは、映画「IT THE END
“それ”が見えたら、終わり」の
キャストについてご案内します。

一部映画のネタバレを含みますので
見たくない方はご注意ください。

ペニーワイズ/ビル・スカルトガルド/(吹き替え)多田野曜平

引用元 https://www.cinemacafe.net/article/2019/09/30/63716.html

子供たちを失踪させた張本人。
妙にフレンドリーな振る舞いで
子供の警戒心を解きほぐそうとするが、
とんでもなく腹黒い悪魔のような存在。

エルム街の悪夢のフレディのように、
自分の存在を否定するような
発言をされると弱体化するという
弱点がある。

ビル・スカルトガルドのプロフィール

プロフィール

本名 Bill Istvan Günther Skarsgård
生年月日 1990年8月9日(29歳)
出生地 スウェーデン ストックホルム
身長 192cm

主な出演作品

映画
『シンプル・シモン』
『アトミック・ブロンド』
『IT/イット』シリーズ
テレビドラマ
『ヘムロック・グローヴ』
『キャッスルロック』

スウェーデンのストックホルムで生まれ、
父親、兄、弟も俳優で、妹は元モデル
といった芸能一家である。

ペニーワイズのイメージと
役柄から考えると、

意外と若い役者さんが演じていた
ことに驚きを隠せませんでした。

まるで「ダークナイト」での
ジョーカーを演じた
故・ヒースレジャー的な
立ち位置のようにも感じます。

 

 

ビル/ジェームズ・マカヴォイ/(吹き替え)細谷佳正

引用元 https://www.cinemacafe.net/article/2019/09/30/63716.html

27年後のビルで、
ルーザーズ・クラブの
リーダーでもある。

現在は映画業界にて脚本家の
仕事をしている。

ジェームズ・マカヴォイのプロフィール

プロフィール

本名 James McAvoy Jr.
生年月日 1979年4月21日(40歳)
出生地 スコットランド グラスゴー
国籍 イギリスの旗 イギリス

主な出演作品

『ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女』
『ラストキング・オブ・スコットランド』
『つぐない』
『ウォンテッド』
『X-MEN』シリーズ
『スプリット』
『アトミック・ブロンド』
『ミスター・ガラス』

スコットランドにて、建築業者の父と
精神医科の看護師の母の間に生まれる。

学校卒業後、ロイヤル・スコティッシュ・アカデミー
にて演技を学び、1995年に『The Near Room』で
映画デビューを果たす。

その後、数々の有名作に出演しており、
「ウォンテッド」
「X-MEN」
あたりの作品は代表作とも言える。

私生活では現在バツイチで、
X-MEN アポカリプスにて共演した
ストーム役のアレクサンドラ・シップと
交際中というウワサ。

 

スポンサーリンク

 

ベバリー/ジェシカ・チャステイン/(吹き替え)高垣彩陽

引用元 https://www.cinemacafe.net/article/2019/09/30/63716.html

前作では危険な感性の持ち主だった
父親に悩まされていた少女で、

ラストではビルとキスを
かわしていたので結ばれたのか?

大人になった現在は、
ファッション業界で活躍中とか。

男運がないのか、DV癖のある
旦那と結婚するが、

ルーザーズ・クラブのメンバーとの
再会を機に離婚する。

その後、苦難を経てベンと
結ばれることになる。

ジェシカ・チャステインのプロフィール

プロフィール

生年月日 1977年3月24日(42歳)
出生地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サクラメント

『テイク・シェルター』
『ツリー・オブ・ライフ』
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』
『ゼロ・ダーク・サーティ』
『インターステラー』
『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』
『オデッセイ』
『女神の見えざる手』
『モリーズ・ゲーム』
『X-MEN: ダーク・フェニックス』

消防士の父とビーガンシェフの母の間に
生まれる。

ニューヨークのジュリアード学院演劇部門に通い
舞台や学生映画の出演を経て経験を積む。

2004年に放送されたテレビドラマ
「Dark Shadows」のパイロット番組が
メディアでの最初のキャリアだった。

その後は2008年から映画での
キャリアもスタートしている。

個人的には、2019年に公開された
映画「XMEN ダークフェニックス」にて
ヴーク役
(宇宙人に取りつかれた女性で、
ジーンに対してエネルギーを奪おうと
執拗に迫るキャラ)が記憶に新しいところ。

 

引用元 https://www.cinematoday.jp/news/N0109083

 

リッチー/ビル・ヘイダー/(吹き替え)諏訪部順一

 

引用元 https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_Bigceleb_13032/

ルーサーズ・クラブの一員で、
現在は人気コメディアンとして
活動中。

 

ビル・ヘイダーのプロフィール

プロフィール

本名 William Hader
生年月日 1978年6月7日(41歳)
出生地 オクラホマ州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

肩書

コメディアン
俳優
声優
プロデューサー

私生活

(元?!)配偶者 マギー・キャリー
娘2人

主な出演作品

映画
『インサイド・ヘッド』
『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』
テレビドラマ
『バリー』

リアルの生活でもコメディアンとしても、
俳優としても活動している。

かつてはモノマネタレントとしての
活動もしていたが、

コメディ映画への出演も多い。

その他声優やプロデューサー
としての一面もある多彩な人物。

 

 

マイク/イザイア・ムスタファ/(吹き替え)三宅健太

引用元 https://www.cinematoday.jp/news/N0101458

ルーザーズ・クラブのメンバーで、
前作では人種差別に悩む
ナイーブな役どころだった。

演じているイザイア・ムスタファ氏は
NFLのプロフットボール選手から
俳優に転身したという異例の経歴の
持ち主である。

米国では、デオドラント剤
「オールドスパイス」CMの
“オールドスパイスガイ”として
知られている。

 

 

ベン/ジェイ・ライアン/(吹き替え)小野大輔

 

引用元 https://eiga.com/person/321725/

前作では太っちょだった子が、
大人になって体型も変わり、
男前に成長していた。

また、職業は建築家として
成功している。

まさに、ビフォーアフター的な
存在でもある(笑)

最後にベバリーと
結ばれることになる。

ジェイ・ライアンのプロフィール

生年月日:1981年8月29日 (38歳)
身長:185 cm
出身地:オークランド

 

 

エディ/ジェームズ・ランソン/(吹き替え)神谷浩史

引用元 https://eiga.com/person/35947/

ルーザーズ・クラブのメンバーで、
大人になった現在は保険会社の
セールスマン?!として
日々多忙を極めている。

ラストでは、ペニーワイズに
一矢報いるが、その後反撃されて
死んでしまう・・・

ジェームズ・ランソンのプロフィール

生年月日 1979年6月2日(40歳)
出生地 アメリカ合衆国

 

スタンリー/アンディ・ビーン/(吹き替え)平川大輔

引用元 https://movie.walkerplus.com/news/article/150637/image860723/

ルーザーズ・クラブのメンバー。
大人になった現在では、
愛妻家になっていた。

マイクの呼びかけによって
デリーに戻ってくるよう連絡が
あったが、

ペニーワイズに対する恐怖心の
強さに打ち勝つことができず、

そんな自分がメンバーに加わると
ペニーワイズを退治することが
できないと悟ったため、

悲しいことに自死してしまう・・・

アンディ・ビーンのプロフィール

生年月日 1979年6月2日(40歳)
出生地 アメリカ合衆国

スポンサーリンク

 

映画「ITイットTHE END “それ”が見えたら、終わり。」見どころ

※具体的な内容は、映画鑑賞後に
追記しますのでよろしくお願いいたします。

映画「ITイットTHE END “それ”が見えたら、終わり。」の結末までネタバレ(あらすじ含む)

 

前作から27年後、「それ」が復活

舞台はメイン州デリーで、時代は
「IT それが見えたら、終わり(2017年)」の
27年後。

とあるゲームセンターにて
仲睦まじい同性愛者のカップルが
不良に絡まれて、ボコボコにされてしまう。

そして、カップルの一人が
不良達によって川に投げ込まれて
しまう・・・

不幸中の幸いで、川に投げ込まれた
男性は命に別状はなく、
無事川岸にたどり着いたのだったが・・・

安否を確認すべく、パートナーの
一人が川岸に到着したそんな時に、

なんと「それ」こと
ペニーワイズが川岸にたどり着いた
男性に噛みつき、
ムシャムシャしてしまう。

そして、沢山の風船が周りを
埋め尽くしたと思ったら、

ぺ二-ワイズとパートナーが
消えてしまっていた。

 

ルーザーズ・クラブの27年後

前作から27年後の現在、ルーザーズ・クラブの
メンバーはマイクを除いて皆デリーを
離れて暮らしていた。

そして、映画脚本家、建築家、コメディアンなど
社会的成功を収めていて幸せに暮らして
いたのだった。

マイクだけはデリーに27年間居続けていて、
過去のことを忘れずにいた。

そしてルーザーズ・クラブのメンバーに
呼びかけを行い、デリーに召集した。

しかし、スタンリーは27年前の
過去の恐怖に囚われ続けていて、
恐怖のあまりに自らの命を絶ってしまう。

また、ビバリーもデリーに
同窓会的な集まりに参加することを
DV気質のある?!夫に反対され、

夫婦喧嘩に発展するが、
何とか荷物をまとめて家を出たのだった。
その際に、結婚指輪も外していた。

デリーの中華レストランで再会

ルーザーズ・クラブの面々は、
マイクの呼びかけによって
27年ぶりの再会を果たす。

27年前の当時と最も雰囲気が
変わっていたのがベンで、
皆驚いていた様子。

ルーザーズ・クラブのメンバーの中で
スタンリーのみが姿を見せなかったため、
集まった一同は気にかけていたが、

久しぶりの旧友たちとの再会を
皆楽しんでいる様子。

旧友たちの談笑がひと段落した後、
マイクの口から
「ペニーワイズが再び蘇って
事件を起こしている」という話が出て、

27年前の約束を果たすため、
ふたたび退治しに行こうと
話をする。

そんな折、運ばれてきたおつまみが、
クリーチャーに化けてしまい、
メンバーに襲い掛かってくる。

しかし、ウェイトレスの目には
何も見えることがなく、

6人がただ暴れているだけにしか
見えていなかった。

このことが、もしかすると
スタンリーの身に何かがあったことを
示すのではないかと感じ、

スタンリーの自宅に電話を入れると、
奥さんから自死したことを
聞かされる。

このことを聞いて不安と恐怖に
駆られたエディとリッチーは、

街から出るために宿泊所から
荷物を取りに戻ってしまう・・・

ビルたちも街を出ようとするため、
必死に説得しようとするマイク。

そして、ビルに「見せたいものがある」と
呼び止めたのだった。

 

ペニーワイズにる暴走が再び・・・

そんなルーザーズ・クラブのメンバーが
再会していた時と同じ頃、

ペニーワイズによる犠牲者が
新たに出てしまったのだった・・・

スポーツの試合を観戦に来ていた
幼い少女が蛍と思われる昆虫を餌に、
人気のない場所へおびき寄せる。

すると、ペニーワイズが現れて、
言葉巧みに少女の頬にあるあざを
消してあげると囁く。

そして、ペニーワイズの口車に
まんまと乗せられた少女は
犠牲になってしまう。

一方、地元の不良でいじめっ子の
ヘンリーは、父親〇害のために
精神病院に収監されていた。

ペニーワイズはヘンリーを
利用したかったのか、
病院を脱走する手助けをしていた。

 

ペニーワイズの倒し方を指示

マイクは27年前の事件以来、
ずっとペニーワイズの倒し方について
考えてきていた。

そして、ビルに対して「18世紀に
先住民が使っていた」とされる
遺物を見せて、

これがペニーワイズを倒す
カギとなると説明。

ビル曰く、ペニーワイズは
隕石が地球に落下した時に
やってきたとのこと。

そんなマイクの話を聞いた
ビルは、

ペニーワイズのように
多くの子供たちを食いちぎってきた
たくさんの歯が生えている化け物を
封印する儀式の光景が見えていた。

同時期、町のホテルに戻っていた
残りのメンバーたちは、

ビバリーが予知夢を見ることが
できることを知る。

そしてビバリーは、スタンリーの死に
ついてやルーザーズ・クラブのメンバー
全員が死ぬことを予知夢で見ていたと
告白する。

その後、マイクとビルが合流して、
全員が力を合わせて儀式を行うことで
ペニーワイズを倒すことができると
皆を説得する。

そして、マイクは27年前の当時の
思い出になりえる物を持参して
図書館に集合するように全員に指示を出す。

 

それぞれが27年前のものを探し出す

ビバリーは27年前当時住んでいた家に
行き、ラブレターを発見する。

そのラブレターを書いた人物は
ずっとビルが書いたものだと
思っていたが、

実はベンが書いたものだった・・・

リッチーはよく「ストリートファイター」
のゲームをしに行っていたゲームセンターの
跡地に向かい、コインを発見する。

 

 

映画「ITイットTHE END “それ”が見えたら、終わり。」の感想

※劇場公開後に追記します。
暫くお待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です