Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

見えない澱の原作は?ロケ地の事故物件がヤバい!

夏といえば「怖い話」の季節ですね~
フジテレビでも恒例行事?!となった
夏の特番「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2018」
放送となります。

 

今回は「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2018」の
ストーリーのひとつ「見えない澱」
原作やロケ地について取り上げていきたいと
思います。

スポンサーリンク

 

見えない澱のあらすじ

 

不動産会社に勤務している佐々木裕介は、
友人に物件探しを頼まれたことで
条件に合いそうな物件を探すものの見つからず・・・

そうこうしている間に友人は、
事故物件の紹介を依頼するのだが、

この事故物件というのが曲者で
過去に命を失った人がいるという
いわくつきの部屋だったとか・・・

 

 

見えない澱の事故物件(ロケ地)とは?

引用元 フジテレビ ほんとにあった怖い話 予告動画

 

上の画像は予告編動画で流れていた
「見えない澱」の舞台となる
物件の特徴になります。

物件の情報については作り話だと
思いますが、ぱっと見た感じは
普通っぽい感じがするものの、

総合病院が徒歩7分というのが
不気味な感じがしますね・・・

もしかすると、総合病院で
何かあった人たちもこの物件に
関わっていそうな気がします。

 

また、原作版によると「K県」にある
ということで、K県というと
鹿児島県や神奈川県が浮かびました。

物語の都合を考えると、
神奈川県内にある物件なのかな
という気がします。

不適切ですみませんが、
神奈川県座間市の物件なんでしょうか?!

ロケ地に関する情報は、わかり次第
追記していきます。

 

スポンサーリンク

 

見えない澱の原作は?

 

見えない澱の原作は、大竹ともさん
という方による作品で、

タイトルもそのまま
「ほんとにあった怖い話 読者体験シリーズ」
というものになります。

 

ちなみに、amazonにてkindle版を
ご覧いただくことができますので
ご興味がありましたらどうぞ。

見えない澱の原作はコチラから

 

また、HONKOWA霊障ファイル
2018年テレビ版『ほん怖』原作特集号でも
見えない澱の原作をご覧いただくことができます。
こちらの作品集もamazonにてご覧いただけます。

ほん怖 原作特集号2018はコチラから

 

 

さいごに

 

予告編動画を見る限りでは、
貞子っぽいキャラクター?!
のようなものも出現するっぽいですね。

引用元 フジテレビ ほんとにあった怖い話 予告動画

 

なんか世にも奇妙な物語と
雰囲気は似ていそうですが、

世にも奇妙な物語は怖い話だけでは
なく、明るい話も扱っているので

こちらの「本当にあった怖い話」は
タイトルにもあるように怖い話に
特化しているだけあって、

夏のお盆明けにはぴったりなのかも
しれませんね?!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です