Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【魔女の宅急便】キキの初潮シーンとは年齢が関係?原作との違いは?

ジブリ映画「魔女の宅急便」の主人公キキが
映画の途中で魔法を使えなくなってしまい、
スランプを迎えてしまう場面があります。

 

具体的にはキキが空を飛ぶことが
できなくなったり、
ジジと会話することができなくなったことです。

そのために宅急便の仕事は
いったん休むことになりました。

 

また、キキが魔法を使えなくなったのは
初潮が原因なのではないかと
噂されています。

 

今回は、そんなキキが魔法を
使えなくなった原因について
取り上げていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

魔女の宅急便 キキが飛べなくなった理由とは?年齢が関係している?!

 

魔女の宅急便の劇中で
キキが飛べなくなった理由について
視聴者はいろんな推測をしていました。

ちなみに、キキが魔法を使えなくなった
理由について以下のものが挙げられました。

■思春期によくみられる心身の不調によるもの
■都会の女の子を羨ましく思い、自己否定によって悩んだため
■身体の成長によるもの
■トンボに恋をしたため

 

といったものが噂されていますが、
そのなかでもトンボに恋をしたため
というのが有力のようです。

しかし、宮崎駿監督の見解では
どうやら違っていたようです。

 

ちなみに、宮崎駿監督は
キキが飛べなくなった理由について
以下のように述べています。

 

■キキが飛べなくなった理由について
女の子ならわかる

■飛べなくなった理由について
トンボと喧嘩したからとか
そういう理由ではない

■トンボとキキは恋仲になった
わけではなく気の置けない友人である
とは思う

 

ということで、「女の子ならわかる」
という部分が引っかかりますね。

これを考えると思春期の女の子に
起こりうる現象ということになり、
身体的特徴を考えると初潮と考えるのが
自然なのかなと思われます。

 

初潮の平均年齢は12歳ということで、
キキは設定上13歳なので
あてはまるかなと思います。

また、キキが空を飛べなくなったときに
お腹を押さえるシーンがありますが、。
思春期の女の子を主人公にすることが
多い宮崎アニメのなかでは子供から
大人に成長する過程としても
描写しやすいところだと言えるでしょう。

 

 

ちなみに、原作ではトンボとキキは
どんな関係になっているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

魔女の宅急便 原作ではキキとトンボは恋仲になる?!

 

映画とは異なり、原作と映画とでは
話の流れが違うようです。

映画では思春期の時代のみの
描写となりますが、

原作版では成人したときの
描写まであるようです。

最終的にはキキとトンボは
恋仲になって結婚もするようです。

そう考えるとトンボも一見チャラいのに
一途なやつだなと感心させられます(笑)

 

 

キキが魔法を使えなくなるのは成長の過程だった!

 

魔女の宅急便でキキが飛べなくなった理由が
初潮なのではないかと噂されていますが、

宮崎駿監督がいうように、
女の子ならわかるということから

具体的なことには触れずに
視聴者に判断をゆだねるところが
宮崎アニメにはありがちなところかなと
思います。

決まり切った話の流れではなく
いろんな解釈ができるところも
宮崎アニメの魅力のひとつかなと
思います。

 

最終的にはまた魔法が使えるように
なるわけですが、これも修行というか
成長の一過程ではないかと思います。

 

キキが魔法を使えたり
使えなくなったりしたのは
トンボとの関係が影響しているのかなと
思います。

魔法を使えなくなったのが
トンボに嫉妬したからで
また使えるようになったのが
トンボを助けたいからということを
考えると、

キキにとってトンボは
大切な友人なんだろうなと
思いますね。

ま、キキが13歳ということを
考えると恋という感覚もまだ
よくわからない状態なのかも
しれませんが・・・

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です