Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

バルス祭り2019とは?海外の反応まとめ!

2019年8月30日放送の金曜ロードショーにて
「天空の城ラピュタ」が放送されます。

ラピュタというと、あの有名な呪文
バルスの印象が強いように
感じますが、

劇中でパズーとシータが
「バルス」と唱える瞬間に
ツイートするという、

バルス祭りという現象が
毎回話題になっています。

2019年もバルス祭りは
SNSをにぎわすことに
なるんでしょうか?

この記事では、そんなバルス祭りに
ついて取り上げていきたいと
思います!

スポンサーリンク

 

天空の城ラピュタの呪文である、「バルス」の意味とは?

 

引用元 スタジオジブリ「天空の城ラピュタ」

「天空の城ラピュタ」の終盤にて
シータとパズーが手を繋ぎ
バルスと唱えると、

天空の城が崩壊し、ムスカの
「目がああああ、目がああああ」
という有名なセリフを言うシーンが
バルスを唱えることによって登場します。

さて、そんなバルスの意味なんですが、
ラピュタの言葉では「閉じよ」という
意味があると言われていて、

ラピュタ王家の一族の「滅びの言葉」を意味するもの
と言われています。

ちなみに、トルコ語では
「天空の城ラピュタ」にて
用いられる意味とは対照的に
「平和」の意味で用いられます。

また、「バルス」と唱えることによって
城が崩壊するシーンは、

まさに「破滅」や「破壊」といった
表現が適切なようにも感じられますが、

例えば嫌いな人を追い払いたい
ときなどにバルスと表現されることも
あります(笑)

【ラピュタ呪文一覧】おばあちゃんの言葉が意味深! 【ラピュタ名言】ムスカ、ドーラ、シータのセリフに注目! 【ラピュタ】パズーとシータのその後の人生が小説で暴露!

 

「バルス祭り」とは?

ここ数年の間で、「天空の城ラピュタ」の
クライマックスシーンにて、

シータとパズーが手を繋ぎ、「バルス」を
唱えた瞬間に合わせて、

ツイッターにて「バルス」と書き込む
といった行為によってツイッターの
トレンド入りが起こる現象のことを
バルス祭りといいます。

実際にこのような現象が起こったのは、
2009年からと言われていて、

一般的に注目を集めることになったのは
2011年の放送時だと言われています。

2011年の放送時には、「バルス」のシーンで
ツイートされた数は、なんと100万回にも
上ったと言われています。

ちなみに、1秒間のあいだで
25,088もの数がツイートされて
いたようで、

全世界のなかでもトップクラスを
誇るほどの驚異的な数値を
たたき出していた模様。

以降、2015年までは記録更新を
進めていったようで、

特に2013年時の430万回
どうやら最高記録のようです。
1秒間での数値はなんと
143199ツイートを記録していた!)

しかし、2016年以降は
ツイート数の記録が伸びることは無く、

  • 2016年放送時:1秒間に55000ツイート
  • 2017年放送時:1秒間に48445ツイート

という結果に終わっていて、
放送を重ねるごとに数値が
下がってきています。

この背景としては、単純に
「飽きたから」という理由が
大きいようですが、

企業が参入して、「バルス」のツイートを
煽っていたり、

日テレが「バルスまであと〇〇分」
といった感じで視聴者を
誘導するような動きがありました。

これらの動きによって、視聴者側は
自分たちだけで楽しみたいという、

自発的な思いを阻害されてしまった
といった要因も考えられるのでは
ないかと思われます。

スポンサーリンク

「バルス祭り」について、海外での反応は?

2013年の430万回といった
爆発的なツイート数について、

アメリカにあるツイッター本社では、
サーバーの負荷に対処すべく、

金曜日の夜を返上して対応に
追われていたといったことになり、

10人ほどのエンジニアが
残業して対応に追われていたようで、

日本支社からもツイートの数を
金曜日中に集計するようにと
説得を受けていた模様。

そんな経緯もあって、
ツイッター社の対応に追われた
エンジニアからは不満の声
挙がったとも言われています。

とはいえ、ツイッターのアメリカ本社と
日本支社からは「楽しんでもらえて何より」
と評価していたようです。

また、結果的にはデマだったようですが、
上に書いたようにツイッター社の
エンジニアが残業していたことにより、

「迷惑行為だからやめろ」
という声が上がったり、

ツイッター社がバルス祭りを禁止する
という報道もあったようです。

それだけ社会現象になるほどの
おおごとだったことが伺えますが、
デマだったことがわかってホッとしました。
(エンジニアの方は気の毒ですがw)

「バルス祭り」2019年はどうなる?

2019年のラピュタ放送時の
バルス祭りは、おそらく

2016年、2017年放送時と比べると
やや下降気味になるのでは
ないかと予想します。

とはいえ、2017年時のバルス祭りの
勢いは、検索結果にも影響があるほどの
ものを感じたので、

それなりの数は集まりそうですね。

また、バルスが唱えられる
クライマックスの場面は、

金曜ロードショーは
ノーカット放送のため
大体23時20分頃のようなので、

余裕を持って23時ちょっと前には
スタンバイしておくのが
望ましいでしょう。

映画公開から33年も経っているのに
今もなお多くの人に愛されていて、

テレビ放送も16回行われていて
視聴率も二桁をキープしているのは
さすがだなと思います。

なんだかんだで話題を集めることは
間違いないでしょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です