Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【炎上】グッドドクターでパワハラや差別シーンに可哀想の声!

俳優の山崎賢人さんがサヴァン症候群
という病気の役柄を演じていることで
話題となっているドラマ「グッドドクター」。

その「グッドドクター」のドラマの中で
パワハラや差別的な行為とも取れる
シーンが含まれていて、

ネットでは「可哀想」「差別行為だ」
という声も挙がっていて炎上ぎみに
なっています。

 

そこで今回は、そんなドラマ
「グッドドクター」のなかで
パワハラや差別的と取れるシーンを
まとめていき、

ネットでの評価や社会的に
どう映っているのかを
取り上げていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

「グッドドクター」のパワハラ、差別シーンまとめ

 

 

ここでは、ドラマ「グッドドクター」のなかでの
パワハラやサヴァン症候群に対する
差別的とも取れるシーンについて
取り上げていきたいと思います。

 

先輩医師が突き飛ばす

 

引用元 フジテレビ 「グッドドクター」

 

第1話で新堂の機転の利いた発想によって
1人の男児の手術が成功に終わったのに、

藤木直人さん演じる高山誠司が
「医師に大切なのは高いコミュニケーション力」
と主張し、新堂を突き飛ばします

このシーンは、藤木直人さんには
珍しく高圧的な態度を取る役なので
イメージダウンにならないか心配ですw

 

ちなみに、ツイッター上では
以下のような意見が挙がっていました。

 

 

しかし、第2話では高山が新堂の案を
受け入れるシーンもあったり、

新堂の案によって赤ちゃんを出自つた
責任を取る様子もあったので、
今後はよき理解者になっていくかもしれません。

 

スポンサーリンク

胸倉をつかむ

 

引用元 フジテレビ 「グッドドクター」

 

第2話で、女子高生が生んだ
赤ん坊を救うために母親を
励まそうとするが、

同僚に廊下で胸倉をつかまれて
「余計な仕事を増やすな!」
怒鳴りつけられるシーンがあります。
(第3話の予告編でもありました)

 

そもそも小児外科医の医者なのに
なぜこんなことするんだろうと
不思議に思います(苦笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さいごに

 

もしかすると自閉症の方に対する
差別や偏見を描くことで、
視聴者の感情を揺さぶったり

制作者側から視聴者に対する
メッセージの発信なのかも
しれません。

パワハラは僕も経験しましたが、
ホントえげつないし、
なかなかなくならないので、

賛否両論ありますが、
ドラマで映し出されることで
世間的な理解や認知が広まると
いいなと思います。

今後はもしかすると瀬戸夏美や
司賀明以外にも理解者が
出てくるかもしれませんので、

そういったところにも
期待していきたいですね。

 

 

※ドラマ「グッドドクター」は
見逃した方でもFODプレミアムにて
ご覧いただけます。

FODプレミアムのご案内はコチラ

 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です