Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

クワイエットプレイスに吹き替えある?映画のネタバレや感想も!

2018年9月28日公開のホラー映画
「クワイエットプレイス」 が
話題になっているようです。

 

 

まるで海外ドラマの「ウォーキングデッド」の
ような荒廃した世界を舞台に、

「音を立ててはいけない」という厳しい
ルールを破ると恐ろしいことが起こる
という内容が、

想像力を掻き立てて「静かなる恐怖」
をうまく描写した作品だなと感じました。

今回は、そんな映画「クワイエットプレイス」
について、

  • 吹き替えの上映が行われているか
  • 映画を観た人の感想
  • 作品のネタバレ

をまとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

クワイエットプレイスのネタバレ

 

化け物に怯える生活

2020年、宇宙からやってきた「エイリアン」
によって地球上の人間はほぼ死滅してしまい、
荒廃された世界の中で、

音を立てずに生きなければいけない
という厳しいルールの中、
なんとか日々を過ごすアボット一家。

化け物は、目は見えないものの、
聴覚が鋭いためにちょっと音を
立てただけで、

物凄いスピードで命を奪いに
やってきてしまう・・・

そんな状況なので、会話をするだけでも
音を立てたことになってしまうため、
日常会話は手話になっていた・・・

ある日、物資を補充した帰り道に
末っ子のビューがおもちゃの音を
鳴らしてしまい、

その音に反応した化け物に
命を奪われてしまう。

1年後

娘のリーガンは、ビューが亡くなった
ことを自分の責任だと感じたのと加えて、

弟のマーカスが自分以上に
可愛がられているように感じて
しまったために、疎外感を覚える。

ある日、リーとマーカスは釣りに行き、
リーガンは妊娠中のイブリンを見るため
家に残る。

リーは、ビューが亡くなったことや
リーガンが感じている疎外感について
話し合いをする。

その後、リーとマーカスは帰宅途中に
悲嘆にくれていた男性と出くわす。

男性のそばには、奥さんと思われる
女性が命を奪われた様子だった。

その後、自分が取り残されてしまった
現実に絶望を感じたのか、
自ら大声を出して怪物を呼びよせて
この世を去ってしまう。

エブリンが産気づいていた

 

一方、家ではエブリンが産気づいていたため、
今にも出産しそうな勢いだった。

そのため、音を立てずに出産するためにと
地下室に潜り出産の準備をするはずだったが、
誤って音を立ててしまい、怪物を呼び寄せてしまう。

リーも急いで家に戻り、エブリンが
無事であることを確認した。

エブリンはいったん浴槽に入って
身を隠していて、怪物につかまらずに
済んだ。

そして、地下室に向かって無事に
赤ちゃんを出産する。

赤ちゃんは当然ながら産声を
上げるため、怪物はそれに反応してしまう。

リーは、苦肉の策を講じて
赤ちゃんを箱の中に隠して
泣き声が響かないようにする。

 

怪物との戦い

 

家の付近にやってきた怪物と
戦わざるを得なくなったアボット一家。

外では(車の中に)リーガンとマーカスが
身を隠していたが、化け物に感づかれてしまい、
襲われてしまう。

リーは、子供たちを守るために、
最後に家族に対する愛を伝えて
自分を犠牲にしてしまう・・・・

その後、自宅にてリーガンが身に着けていた
補聴器の電波が怪物にとっての
弱点であることを知ったことで、
怪物を退治することに成功する。

まず一匹退治したあとに、
自宅のモニター画面越しに
複数の怪物がやってくるのを目にするが、

補聴器の電波を拡散させ、
そしてイブリンは銃を構えて
化け物掃除の準備をするところで
物語は終わりとなる。

 

 

スポンサーリンク

クワイエットプレイスの吹き替え上映はない?!

2018年9月に公開された映画
「ザプレデター」や「MEGザモンスター」は、

残念ながら日本語吹き替えの上映は
無いようで、DVD化を待つしかない
状況でした。

9月28日から公開された
「クワイエットプレイス」の
吹き替え版はあるのでしょうか?

僕も映画館に行って確認しましたが、
吹き替え版は無く、字幕のみでした。

僕の近所にある映画館は田舎なので
都会だったらあるかもしれないと
期待しましたが、どうやらないみたいですw

ツイッターでの反応を見る限りでは、
どうやら飛行機内で視聴できる
バージョンに関しては吹き替え版も
あるみたいですね・・・

 

しかし、ツイッターの反応を見る限りでは、
吹き替えも字幕もあんまり関係ない
みたいだし、

実際に映画をみた僕もそう思いました。
だって、映画のタイトルがセリフの
少なさを物語っているし、

もの静かさをテーマにした
ストーリーなんで・・・

他の記事でもお伝えしていますが、
最近はDVD化も早くなっていて、

映画公開から約4か月で視聴することが
できるようになってきているので
2019年2月頃にはきっと吹き替え版も
観られるはず?!

というか、クワイエットプレイスは、
セリフが少ないのであんまり
関係ないかもしれないけど・・・

クワイエットプレイスの映画を観た人の感想は?

 

クワイエットプレイスについて、
映画を観た人の感想をまとめて
みました。

僕ももちろん観ましたが、
いうほどホラーではないっぽいです。

なんというか、エイリアンみたいな
変な生き物が音を立てると
現れてきて人の命を奪うという
SFちっくな感じです。

音を立てると変な生き物が出てきて
命を奪われてしまうなんて、

いろんなことに気を使わないと
だめってことだからかなり疲れますよね。

なんだか、ストーカーに追われる
人が逃げ回っているような
そんな感じさえ伝わってきました。

 

あと、エブリンが子供が生まれそうな?!
状況のなかで、変な化け物に襲われそうに
なるシーンなんて、

なんだか罰ゲームというか
嫌がらせやないか!という感じでした(苦笑)

産ませてやれや!!みたいな・・・

そして、生まれたての赤ちゃんが
泣いても襲い掛かる化け物って
やっぱり鬼だな~と思う。

化け物が登場することを除けば、
家族を愛しているというのが
テーマのひとつなのかなと感じさせる
作品だったように感じます。

リーが子供たちを守るために、
自ら犠牲になったあのシーンは、
なんだか泣けてくるものがありました。

 

 

さいごに

このクワイエットプレイスは、
ウォーキングデッドやエイリアン、
そしてバイオハザードをミックスさせて、

そのうえで「音を立ててはいけない」
という設定で展開していくのですが、

演じる人にとってはセリフが少ないので
演技を覚えるのは楽だったかも
しれませんね(笑)

だけど、エイリアンみたいな化け物は、
音を立てるとどこからでもやってくる
ようで、瞬間移動みたいなことが
できるのはすごいよな~と思うわけです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です