Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ローグワンの意味や評価まとめ!

2019年2月1日に「金曜ロードショー」にて
スターウォーズのスピンオフ作品
「ローグワン」が放送となります。

スターウォーズのスピンオフ作品といえば、
2018年には「ハン=ソロ」が公開
されています。

ローグワンは、スピンオフ作品ながらも
日本国内では46億円というヒットに
なっていたのも記憶に新しいところ。

そういえば、タイトルになっている
「ローグワン」とは、いったいどんな
意味があるのでしょうか?

この記事では、映画「ローグワン」の
タイトルの意味について取り上げて
いきたいと思います!

スポンサーリンク

ローグワンのタイトルの意味とは?

映画「ローグワン」のタイトルの意味は、
いったいどんなものなのでしょうか?

ちなみに、ローグワンをアルファベットに
すると「ROGUE」となり、

「ROGUE」の意味は、反乱者となります。

ですから、ローグワンとは、反乱者の
ひとりという意味になるのでは
ないかと思います。

今作の登場人物について

  • ジン・アーソ
  • キャシアン・アンドー
  • K-2SO
  • チアルート・イムウェ
  • ベイズ・マルバス
  • オーソン・クレニック

といった面々をみてみても、
それぞれならずものというか、

アウトローっぽい様子なので、
まさにそういったメンバーの
行動そのものがタイトルにも
繋がっているのではないかと。

スポンサーリンク

「ローグ」には、反乱者以外の意味もあった!

スターウォーズのエピソード4や
エピソード5にて、パイロットのことを
ローグ中隊と呼んでいる描写があります。

ですから、ローグワンにはパイロットの
意味もあるのではないかと。

ローグワンは主人公のヒロインそのもの?!

ローグワンのヒロインは、ジン・アーソですが、
元帝国軍の技師だった両親の間に生まれ、

母親は帝国軍によって命を奪われてしまい、
父は囚われの身となって作業をさせられて
いました。

ジンは、両親の助けによって帝国軍から
逃れることができましたが、

幼いころから盗みを繰り返してきたような
アウトローでした。

その後、反乱軍に加担してデススターの
設計図を盗むため行動を起こすわけですが、

まさに「反乱者」といったかんじなので
ローグワンというタイトルは、
ジン・アーソの生涯を描いたものとして
ふさわしいかもしれませんね。

ローグワンの評価

男性

スターウォーズシリーズのなかでも
最高傑作と言われる内容で、

個人的にはチアルートが
カッコよかったです!

盲目でフォースが使えるわけでも
ないのにカッコ良すぎ!

さいごに

エピソード4の冒頭のあらすじの一部を
ここまでのストーリーに仕上げたという
ことについて、制作側の本気度を感じました!

他のスピンオフ作品「ハンソロ」も
海外では不評だったようですが、

個人的にはダースモールが登場したりして
面白かったです。

バイオハザードでいうところの
「アウトブレイク」的な作風だった
ような気がしますが、

ひとりひとりのキャラも濃いし、
ジェダイの騎士がいないぶん、

本編ではサブキャラだったかも
しれない登場人物が引き立っていたのが
魅力のひとつだったかもですね~

エピソード9公開前か、公開後に
またスピンオフ作品があるのかは
わかりませんが、

もしかすると「ローグワン」を
超えるスピンオフ作品は
発表されないかもです・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です