Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【suits月9日本版】1話ネタバレと感想 アメリカ版との違いは?

2018年10月1日よりスタートした月9ドラマ
「suits」日本版の第1話がスタートしました。

原作はアメリカの人気ドラマ「suits」
ということで、違いはどうなのかが
気になるところでもあります。

また、この記事では月9ドラマ
「suits」の第1話を見逃してしまった方に
向けて、動画配信で無料視聴できる方法を
ご案内してまいります!

 

スポンサーリンク

 

月9ドラマ「suits」の見逃し配信

月9ドラマ「suits 日本版」を1話の見逃し配信動画を
ご覧いただける方法を下記リンク先にてご覧頂けます。

【月9】suits日本版の1話~最終回の見逃し動画を無料視聴!

 

 

【suits 月9】1話のあらすじとネタバレ

「幸村・上杉法律事務所」のメンバー

甲斐正午は、「幸村・上杉法律事務所」に
属しているエリート弁護士。
東大入学後にハーバード大学にも留学経験があり、

企業のM&Aや戦略的な提携などといった
主に弁護士報酬の高い仕事を請け負っている。

一方で、かなり自信家で狡猾なところがあり、
勝つために法に触れそうな手段を用いることも。

そんな甲斐正午が勤務する「幸村・上杉法律事務所」は、
日本四大弁護士事務所と言われるほどの大手で、

以下のメンバーをはじめとする人物が
勤務している。

 

幸村・上杉法律事務所のメンバー

 

【代表 幸村チカ】

事務所の代表で、甲斐が唯一頭の上がらない人物。

【同僚弁護士 蟹江貢】

甲斐のことをライバル視しているが、
甲斐は眼中にない様子。
事務所の稼ぎ頭でもある。
ハーバード大学のロースクール出身。

【秘書 玉井伽耶子】

甲斐の秘書で、甲斐のアソシエイト募集の際に、
鈴木大貴を採用するきっかけになった。

【パラリーガル 聖澤真琴】

父親が敏腕弁護士だったこともあって
自身も弁護士を志すが、司法試験に合格する
ことができず。また、学歴コンプレックスがあり、
劇中でも顕著に表れる。

 

アソシエイトの採用

事務所のトップリーダー的な立ち位置の甲斐は、
出資者としての地位や経営にも関わることができる
シニアパートナーへの昇格を目論んでいた。

チカは、昇格を目指す甲斐に対して、
昇格するためには相方として共に働く
若手弁護士“アソシエイト”の雇用を
命じます。

甲斐は、納得してはいないものの、
チカの意見を受け止めて採用面接を
行います。

面接を受けに来る学生にあまり
納得がいっていない様子だったが、

運び屋の仕事中にチンピラから
逃げてきた鈴木大貴が面接会場に
たまたま飛び込んできて、

秘書の玉井伽耶子のお眼鏡にも
敵うことになった。

甲斐は、鈴木大貴を個室に呼んで
採用前提で話を進める・・・

 

 

鈴木大貴のこれまで

かつては天才高校生として
新聞にも載るほどの評判だったが、

悪友谷本遊星にそそのかされて
替え玉受験を行ったが、それがバレて
高校を中退してしまう。

以降はアルバイトをしながら
その日暮らしの仕事をしていた。

ある日、谷本は大貴に新たなビジネスの
提案を勧める。

スーツケースの中に入った大金を
ある人に届けるという仕事を頼まれ、

最初はその気ではなかったが、
祖母の施設入りの資金を必要と
していたために引き受けることに。

そんなヤバい仕事の最中にチンピラに
追われる身となり、大ピンチの
状況の中で飛び込んだ先が、
なんと甲斐の面接会場だった・・・

スポンサーリンク

 

月9ドラマ「suits」の見逃し配信

月9ドラマ「suits 日本版」を1話の見逃し配信動画を
ご覧いただける方法を下記リンク先にてご覧頂けます。

【月9】suits日本版の1話~最終回の見逃し動画を無料視聴!

 

 

甲斐と大貴の出会い

大貴がチンピラから逃げてきた先は、
甲斐のアソシエイト面接会場だった。

甲斐と大貴は個室で採用に関する話を
しようとしたときに、大貴は不注意のため、
スーツケースの中身をばらしてしまう。

甲斐はなぜこんな大金を持ち歩いていたのか
理由を尋ねることに。

大貴は自分の生い立ちや、祖母を施設に
入れるためにお金を必要としていて、
仕事の内容を知らずに引き受けていたことを
説明する。

甲斐は大貴を法で守ってやろうかと
提案するが、大貴は「法律に詳しいので
必要ない」と反論する。

そこで甲斐は六法全書より出題をする。

大貴は六法全書を暗記していたために、
どんな出題をされても難なく回答していく。

実は、大貴は六法全書をすべて暗記していて
過去に弁護士を志していたこともあり、

高校2年生のときに司法試験の予備試験にも
合格していたのだった。

甲斐はそんな大貴の才能を見越して
「アソシエイト」として採用される。

鈴木大貴⇒鈴木大輔に生まれ変わる

大貴は甲斐から「鈴木大樹」に改名し、
過去の悪友とも縁を切って、

鈴木大樹の過去の学歴やプライバシーなど
全て把握してなりすますことを求められる。

大貴は夢がかなったことが嬉しくて
祖母にも報告するが・・・

甲斐が相手弁護士とのやりとりで
メールのねつ造をしていたことが
発覚したため、昇進の話も取りやめに
なりそうなピンチに追いやられる。

そして、そのことによって
弁護士の世界にもいられなくなるほどの
大きな問題に発展しそうだった・・・

そんないきさつもあって、甲斐は
大貴を解雇することに。

大貴は失意の中ベロベロに酔っ払い、
悪友の谷元との関りがそもそもの
元凶だと打ち明け、大ゲンカとなる。

その後、甲斐が大貴のところに訪れてきて、
弁護士になる気はあるかと聞く。

甲斐は大貴を連れて木事屋の自宅に
向かうことに。

なんと、大貴は木事屋の息子の
替え玉受験を行っていて、
そのネタを盾に甲斐の訴えを
取り下げることができたのだった。

幸村チカは甲斐をそうやすやすと
昇進させるわけもなく、再び新たな条件を
出すこととなった・・・

 

 

【suits月9日本版】1話感想 アメリカ版との違いは?

アメリカ版suitsを観たことがあったのですが、
少なくとも第1話を観た限りは、
原作に沿った流れになっていたかなと。

また、第2話の予告編を観た限りでは、
原作と似ているような気がします。

違いについて強いていうならば、
ルイスにあたる小手伸也さんのキャラが
違うくらいでしょうか?

小手伸也さんのキャラがあるのでしょうけど、
日本版はコミカルな感じでしょうか。

アメリカ版のルイスを知っている人からすると
小手伸也さんが「顔採用」となったのも
頷けます。

日本のドラマではあるものの、
登場人物のキャラクターがどこか
アメリカ寄りな感じがするのは、

きっと原作に忠実にしているから
なのかなと感じました。

第2話では、セクハラ問題を取り扱うようですが、
これまた原作に忠実に繰り広げられるのでしょうか?!

またまた楽しみです!

スポンサーリンク

 

月9ドラマ「suits」の見逃し配信

月9ドラマ「suits 日本版」を1話の見逃し配信動画を
ご覧いただける方法を下記リンク先にてご覧頂けます。

【月9】suits日本版の1話~最終回の見逃し動画を無料視聴!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です