Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゼロ 一攫千金ゲーム7話ネタバレ 手越祐也がブチギレ?!

「ZERO 一攫千金ゲーム」6話で
ハードのアトラクションである
「アンカー」に挑みました。

そして、そこに登場したMCは
スピンオフ作品にも登場した
手越祐也さん演じる小太郎。

おちゃらけた感じのキャラとは
裏腹に残酷な一面があるのが
印象的なのと、

 

小太郎のキャラと手越祐也さんの
キャラに違和感なくはまっていたところが
面白くもありました!

ゼロ第7話ではピンチだったゼロ一行が
小太郎のクイズに正解していき、
ゲームをクリアできるのか?

 

今回は、そんな小太郎のクイズを
どう攻略していくのかがみどころな
第7話に迫っていきたいと思います!

 

 

ゼロ一攫千金ゲーム6話の振り返り

ゼロは標から共に手を組んで
在全を倒そうと話を持ち掛けて、

ゲームの賞金1000億円のみならず
在全のすべての資産である100兆円を
奪って行こうと言う。

しかし、ゼロは仲間を守ることを
優先するため標の誘いを断る。

ゼロは次のアトラクションを探すものの、
どこもクローズとなっていた。

ようやく見つかったと思ったアトラクションは
「HARD」のみだった。

完全クリアできれば一人にリングが3つ、
暫定クリアでリング1つが手に入る
というもので、

ゼロは他のメンバーの命を懸けることに
リスクを感じて躊躇してしまう・・・

そんなゼロに対してヒロシは自らの意思で
ゼロに命を預ける覚悟でアトラクションに挑むと
意気込み、「リングのために参加した」という
ユウキの3人でHARDのアトラクションに挑む。

そして、HARDのアトラクションに挑む3人の前に
小太郎というおちゃらけたキャラクターの
男性が現れる。

小太郎によって紹介された
アトラクションは「アンカー」といって
出題されたクイズのポイントによって、

刃物でできている振り子が上がったり
下がったりするようになっていた。

 

また、クイズに正解しようと不正解だろうと
そのポイントを執行させるには、
※アンカーパネルのクイズに回答した結果で
初めて執行されるものだった。

※A~Zまでのパネルの中で
ある法則に従って5枚隠されているもので
そのパネルのクイズに正解すると、

その時点での通算ポイントに応じて
上昇しますし、不正解の場合は
加工するというもの。

 

 

ゼロ一攫千金ゲーム7話 ネタバレ

小太郎のゲーム「アンカー」は、
ゼロにアンカーパネルの回答権を
回さないようにパネルを裏で
操作できることがわかったゼロは、

わざと問題を間違えて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です