Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゴマキがff14で不倫!ライン内容がヤバイ!

元モーニング娘のゴマキこと
後藤真希さんが元交際相手と不倫をして
現在裁判中であることが明らかになりました。

これまでママタレとして好感度が
高いタレントさんだっただけに
ショックだと感じる人も多かったのでは
ないかと思います・・・

この不倫発覚の事実がきっかけで
仕事に影響が及んだりはするのでしょうか?

また、先日新たな情報が入ってきたのですが、
どうやら不倫相手と交際のきっかけとなったのは、

ネットゲームのff14であるという
ことや、交際を決定づける証拠として
ラインのやりとりについても暴露されて
いるとか。

この記事では、ゴマキこと後藤真希さんと
元恋人との新情報について取り上げて
いきたいと思います!

スポンサーリンク

ゴマキと不倫相手との再会はラインがきっかけだった!

画像がぼやけていて見づらくて
申し訳ないのですが、

これが後藤真希さんと不倫相手との
ラインの内容だと言われています。

ゴマキ「だから、今だけ」

不倫相手「今だけ?」

ゴマキ「B氏のこと好きだよ。っていっておくね」

不倫相手「俺も今だけ。好きだよ」

ゴマキ「後藤真希さんがイメージされたキャラクターが泣いているスタンプ」

また、このやりとりの後に
後藤真希さんは

「一年位かけて準備する」

というメッセージを送っています。

この「一年位かけて準備する」
というメッセージは、

おそらく一年かけて離婚の準備をする
というものだと思われます・・・

ですから、今回の文春砲によって
不倫がバレていなかったのだとしたら、
ガチで離婚してこの不倫相手と
ゴールインしていたのかもしれませんねw

また、上記やりとり以外にも
後藤真希さんの旦那さんに対する
不満をつづったやりとりが
暴露されています。

以下、ラインの内容となります。

「電話来なきゃいいけど。出るまでかけてくるからね。
ラインも返事しないとスタンプ連続だよ。束縛ひどいよね」

「私の行くところ、やる事、前もって
一つ一つ話さないと嫌みたい。詰まる(中略)

全部自分から一個ずつ伝えておくべきものなの? 
点滴で何を入れてるのかとかも成分まで
教えなきゃいけないものなの? 
金額も教えないといけないの? 
私が伝えてないのが悪いの?」

「あたしさ、会社の人に離婚するって言ったのね。
何故ならもともとそうしよう!って話になったから。

旦那に会社にも伝えなよって言われたから、だから伝えたのね。

(中略)人間じゃないだの、狂ってるだの、
罵られまくって、だったら人間辞めてやるから
待ってなよってなって。

あちこちアザできて。もう無理だったのよ」

ということで、この文脈から判断すると
旦那さんの束縛がかなり激しくて
ストレスが溜まっていたようですねw

スポンサーリンク

ゴマキが不倫相手と出会った場所は、なんとff14だった?!


引用元 https://snjpn.net/archives/103810

後藤真希さんと不倫相手とのラインの
やりとりの画像の背景が、

ff14のものだったことから
どうやらオンラインゲームが
出会ったきっかけなのではないかと
言われています。

また、このことがきっかけで
皮肉なことに出会いをもとめて
ff14をやりだす人が急増するかも
しれません・・・

もともと浮気相手とは、数か月の交際の後にも
ゲーム仲間としての交流はあったようで、

旦那さんの束縛による
ストレスなどが重なってしまい、
不倫につながったようですが、

気のせいか、不倫発覚しても炎上どころか、
不倫相手がうらやましいという
コメントが目立つような気がしますねw

後藤真希さんは、もともと清純派で売っていた
わけでもなく、「元ヤン」や「ギャル」
というイメージが強かったので、

ファンがギャップを感じて失望する
ということにはならなかったのかも
しれませんねw

さいごに

元モーニング娘のメンバーは
これまでも、

加護亜依
吉澤ひとみ
矢口真里

などといったメンバーが
炎上騒ぎになる
スキャンダラスな事件が
あらわになっていますが、

なんというか、モーニング娘は
つんくさんの好みで決まっている
印象が強いので、

つんくさんには失礼ですが、
どうも「飲み屋のねーちゃん」風な
イメージが強く、

なるようになってしまった感が
拭えませんw

だけど、こういう不倫騒動というのは、
当事者のイメージによってバッシングの
度合いにも波があるのはすごいなと
思った次第です・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です