Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【犬神家の一族】キャストに加藤シゲアキ!犯人ネタバレ!

2018年12月24日に、特番ドラマ
「犬神家の一族」が放送となります。

今作では、スケキヨ役に賀来賢人さんが
演じることになっており、

ドラマ「今日から俺は」では
主演の三橋役を演じていて
話題にもなりました!

ですから、ドラマ「犬神家の一族」は
かなり注目が集まるのではないでしょうか?

この記事では、12月24日放送の
「犬神家の一族」について、

主要キャストや内容のネタバレを
まとめていきたいと思います!

スポンサーリンク
関連記事

ドラマ「犬神家の一族」に関連する内容を
別の記事でも取り上げています。

犬神家の一族のなかでも有名な
「スケキヨ」役を演じた歴代俳優について
まとめています。

ぜひご覧ください。

スケキヨ役を演じた歴代俳優まとめ

【犬神家の一族2018】キャスト

メインキャスト

金田一耕助(加藤シゲアキ)

犬神佐清 / 青沼静馬(賀来賢人)

野々宮珠世(高梨臨)

犬神三姉妹

犬神松子(黒木瞳)

犬神竹子(松田美由紀)

犬神梅子(りょう)

多田浩二(薮宏太 Hey! Say! JUMP)

犬神佐武(笠原秀幸)

犬神佐智(坂口涼太郎)

その他キャスト

犬神寅之助(佐戸井けん太)

猿蔵(大倉孝二)

宮川香琴(梶芽衣子)

青沼菊乃(安藤聖)

大山泰輔(品川徹)

若林豊一郎(少路勇介)

弥助(田鍋謙一郎)

藤崎正一(梶原善)

古館恭三(小野武彦)

橘重蔵(生瀬勝久)

犬神佐兵衛(里見浩太朗)

スポンサーリンク

【犬神家の一族2018】犯人をネタバレ!

2018年版の真犯人はもしかしたら
違ってくるかもしれませんが、

映画のオリジナル版では、
長女の松子が犯人です。

犯行の動機は、遺産を佐清に
相続させることが目的だったからです。

しかし、最期には自害してしまいます。

2018年版でも大幅に内容が変わらなければ
同じような結末になるんじゃないかと
思います。

【犬神家の一族】ネタバレ(1976年版)

骨肉の争いの予感

物語は1947年9月、信州那須市という
架空の土地を舞台に繰り広げられる。

那須市の名士と言われる「犬神製薬」の
創業者・犬神佐兵衛が亡くなって
7か月が過ぎた頃、

私立探偵の金田一耕助が
那須市にやってくる。

そして、金田一はやってきて早々に、

  • 湖で溺れそうになった野々宮珠世を救出
  • 依頼人の若林の事件

といったに騒動に巻き込まれてしまい、
那須警察署に連行されてしまう。

そんな金田一は、犬神佐兵衛の
遺言書を読んだ依頼人である若林が
その内容を恐れて呼ばれたのでは
ないかと推察される。

依頼人の若林が亡くなってしまったため、
改めて若林の担当弁護士だった
古舘に捜査を依頼されることになり、
遺言書について詳しい話を聞くことに。

そして、その遺言書の内容については、
9人の肉親と佐兵衛の孫娘の珠世が
揃った席で発表されることになった。

そして、遺言書の発表当日、
亡くなった佐兵衛の代わりに孫の
左清が出席することになり、

他のメンバーは既に揃っていて
左清を迎えに母親の松子が
迎えに行っていた。

そして、左清がやってくるが、
戦場で大けがを負ってしまったため、
首の上からは白い仮面で覆っていた。

その後、遺言書の内容が発表されることに。

遺言書の内容によると、

  • 犬神家の全財産
  • 三種の家宝「斧・琴・菊」

を佐兵衛の男の孫の3人のうちの
1人を夫にすることを条件として、
珠世に譲られるといったものだった。

そして、上記内容が実行されなかった場合は
青沼静馬という男性を相続人とする
というものだった・・・

この遺言書の内容に、犬神家の一族は
不満を露わにしており、珠世は困惑
している様子だった・・・

そして、金田一はこれらの内容を
踏まえて親族同士の争いが
起こることを懸念していたのだった・・・

骨肉の争いが始まった・・・?!

戦争で大けがを負ったとされる左清は、
本当に左清なのかと正体を疑う
犬神家の面々は、

左清が戦争に行く前に神社におさめた
手形を使って指紋の称号をしようとする。

しかし、松子の反対もあって
手形の照合は実施することができなかった。

また、そのころに犬神家の周辺では
色んな事が起こっていたのだった・・・

竹子の息子・左武が命を奪われてしまい、
遺体が湖に投げ込まれていたのだが、
そこには珠世のブローチが発見されて
いたのだった・・・

そして、そのことで珠世と左清が
疑いをかけられてしまうことになった。

まず、左清に関しては、松子が
いらぬ疑いをかけられることを
阻止しようと、手形の照合をさせることに。

そして、珠世は事件当日の出来事を
警察に説明をしていた。

珠代は、事件当日に佐武を展望台に
呼び出して、懐中時計の裏に
左清の指紋が付着していたので、

その指紋と手形を照合してもらおうと
したのだという。

そして、時計を左武に渡して
その場を去ろうとすると、

左武に襲われてしまい、
ブローチが落ちてしまったのだとか。

左武に襲われた珠世は居合わせた使用人の
猿蔵によって救われたため何事も
なかったという。

その後、鑑定していた手形の
照合が終わり、左清のものと
一致した為、

左清は本物であることが証明された。

犬神家の闇があらわになる

佐武の通夜が行われた夜に、
今度は展望台で左清が何者かによって
殴られてしまう・・・

加えて湖にて佐武の胴体が発見
されるのだが、そこに珠世の時計は
見当たらなかった。

佐智は薬を使い、珠世を眠りに
つかせて廃屋も同然の状態の
旧犬神家に連れ込んでいき、
珠世の命を奪おうとする。

しかし、その場にやってきた
兵隊服の男によって佐智は
撃退されることに。

兵隊の男は猿蔵に電話をして
珠世を迎えに来るように
指示を出すことにした。

一方、金田一は薬学部の教授に
若林が死亡する前に吸っていた
煙草を検査するよう依頼をしていた。

その結果、煙草のなかには毒が
混入されていることがわかった。

翌朝、屋根の上に佐智が亡くなって
いるのを発見される。

そして佐智の首には琴糸が巻かれて
いるのに気づき、
竹子が青沼静馬についての話をし始める。

佐兵衛が50歳を超えたころに、
青沼菊乃という女性が男の子を
出産していて、

佐平はその男の子に「静馬」と
名付けていた。

そして、その「静馬」に対して
犬神家の三種の家宝を与えていた。

しかし、そのことに不服を感じていた
松子たちが、青沼親子を襲撃して、
家宝を奪い返して、菊乃に対して
激しい暴行を振るっていたとか。

その後、菊乃は三種の神器で
犬神一族に対する復讐を誓ったと
いうが、

その後菊乃は空襲によって
亡くなっていたそうで、

息子の静馬は出征していたため
行方がわからなくなっていた・・・

真犯人は松子だった!

金田一は、犬神佐兵衛について探ろうとして
那須神社の神官を訪れる。

佐兵衛は倒れていたところを那須神社の
先代神官である野々宮大弐によって
助けられたのだった。

そして、男同士であるものの恋愛関係に
発展したのみならず、なんと大弐の妻とも
不倫関係になってしまっていた。

そして、佐兵衛と大弐の妻との間に
生まれた娘というのが、珠世の母親だったのだ!
そして、珠世は佐兵衛の実の孫でもあった。

一方、犬神家では、松子が珠世に対して
佐清と結婚をするようにと迫っていたが、
珠世は松子の勧めを拒否。

そして、佐清を見つめて「この人は
佐清ではない」と言い放っていた。

佐清と思われた男性は、松子に対して
自分は青沼静馬であると暴露する。

静馬は戦場にて佐清と出会い、
顔に酷い傷を負っていながらも、
犬神家に対する復讐だけを支えに
生き延びたのだった。

そして、佐清に成り代わって
犬神家の乗っ取りを企んで
いたのだった。

その翌日、湖から足が突き出ている
誰かの遺体と思われるものを
発見すると、

その遺体が静馬のものであることが
わかった。

金田一は、このことで仮面を使って
静馬と佐清が入れ替わっていることに
気づく。

一方、珠世の部屋に兵隊服を着た
佐清が現れて、珠世を抱きしめて
これまでの犯行を自供した内容を
綴った手紙を渡して去っていく。

旧犬神邸にて逮捕された佐清は、
静馬を脅迫して犯行の協力を命じ、
弟たちの命を奪ったと自供する。

しかし、佐清の自供について
金田一は真逆のことだと指摘。

実は、佐清は自分に扮装した青沼が
犬神家に忍び込んだことを知ったため、
穏便にすり替わるために屋敷に
忍び込んだのだった。

そして、偽物(青沼)と会っているときに
佐武が命を奪われる現場を見てしまった
のだった。

つまり、佐清は真犯人をかばうために
静馬に脅されてしまう立場に
追い込まれてしまったのだった。

そして、金田一は真犯人が松子であると
告白すると、佐清はショックのあまり
号泣してしまった。

暴露される松子の犯行

金田一は松子の犯行を次々に
暴いていく。

佐兵衛の遺言書の内容を知った松子は、
遺産を佐清にすべて継がせるために、

存在が目障りになった身内を
消していったのだった。

その後松子は妹たちに謝罪をして、
若林の命を奪った毒と同じものを
使って自害してしまった・・・

これにより、事件はすべて解決に至り、
金田一は見送られるのが苦手だったため
予定の時刻より早い汽車に乗って
去っていった。

 

スポンサーリンク
関連記事

ドラマ「犬神家の一族」に関連する内容を
別の記事でも取り上げています。

犬神家の一族のなかでも有名な
「スケキヨ」役を演じた歴代俳優について
まとめています。

ぜひご覧ください。

スケキヨ役を演じた歴代俳優まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です