Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【suits日本版3話】ネタバレと感想 甲斐の逆転劇に感動!

ドラマ「suits」が早くも3話に
突入しましたね!

今回は時計メーカー「KAMIYA」を
舞台にした甲斐と大貴の逆転劇を
楽しむことができる内容になっています。

甲斐と大貴のコンビネーションも
どんどん発揮できるように
物語が進んできたようにも感じます。

では、第3話のネタバレをまとめて
いきましょう!

スポンサーリンク

suits3話ネタバレ

大貴の腕時計がイマイチ?!

甲斐正午のもとで、アソシエイトとして
勤務している鈴木大貴は、いち早く仕事を
吸収したいと思って、

甲斐の仕事に同行しようと試みますが
断られてしまう・・・

弁護士は会社員ではなく、個人事業主で
あるため、自ら仕事を探していくほか
ありません。

また、大貴の服装について、スーツは
まあよしとしても時計がイマイチであると
指摘を受けます。

一方、甲斐は老舗の時計メーカーである
「KAMIYA」の腕時計をしています。

「KAMIYA」では、社長の加宮忠が亡くなったことで、
葬儀をするにあたり、娘の静佳と取締役の
安樂孝志が衝突していました。

その場に居合わせた古株の工場長である岡林達樹も、
納得しない様子でその場を見ていました。

蟹江に連行される大貴

そのころ大輔は、蟹江貢に総合格闘技の道場に
連れて行かれてしまい、スパーリングの相手を
させられてしまう始末・・・

そんな総合格闘技の道場には、世界的に有名な
ゲームメーカーである「BPM」のCEO兼
チーフクリエイターである藤ヶ谷樹が通っていた。

ちなみに、藤ヶ谷は蟹江が担当している
顧問弁護士になろうとするため、
ハーバード大学で同期だった大輔を
連れてきていたのだった・・・

その後藤ヶ谷と大輔は、お互い話や波長が合う
ということで意気投合して、
(大輔が藤ヶ谷の作ったゲームで世界ランクに
入っていたのだった)

昼間から呼び出されてお酒を飲まされるなど、
藤ヶ谷のいる世界は、日本ではなく
まるで海外の雰囲気のような世界だった・・・

KAMIYAが海外移転される?!

その頃、時計メーカー 「KAMIYA」では、
安樂によって工場を海外に移転させるという
話を進行させていました。

甲斐は、前社長の「日本製にこだわる」考えを
今後も残していくために、策を講じます。

安樂は社長就任が公式に発表される前より、
あたかも自分が新しい社長であるかのような
記事を新聞に載せるなどして世間にアピール
していました。

甲斐は、そんな安樂の野望を打ち砕くために、
新社長を選出することを考えます。

そこで、安樂に会いに料亭に行くと、
インドネシアでの土地交渉を任されている
蟹江と接待をしていました。

ずっと担当していた自分ではなく、
蟹江と会食をしていた事実に
不満げな様子の甲斐。

そんな甲斐が取ろうとしている手段を、
事務所所長の幸村チカは、クーデターであると
指摘をしていて、甲斐の目論見を阻止する意向。

甲斐が新社長に選んだ人物とは?

それでも先代社長の考えを尊重したいと考える甲斐は、
取締役をふたり増やすことでなんとかしたいと考える。

そんな甲斐が白羽の矢を立てた人物が、
工場長の岡林だった。

当初は甲斐の誘いを受け入れられなかったものの、
巧妙な揺さぶりによって新社長就任のための
スピーチを考え始めることに。

スポンサーリンク

株主総会にて

株主総会では、岡林と営業部長が新たな取締役として
承認されることとなり、後日取締役会議が
開かれる予定でした。

その取締役会にて、岡林は新社長に立候補する
という段取りになっていたのだが、

会議の当日になると、10時から始まる予定だった
会議が臨時として9時より開始されていて、
甲斐たちが不在の場で安樂が新社長として
就任していたのでした・・・

そして、その場にはなんと蟹江の姿も。
甲斐と大輔は、完全敗北してしまったのか・・・?!

甲斐と大輔の逆転劇

もう「打つ手なし」の状況に追い込まれていたところで、
幸村が大輔を呼び出して部屋に行くと、
そこには藤ヶ谷がいた。

藤ヶ谷は、なんと蟹江と顧問契約を締結したいと
申し出に来ていたのだった。

しかし、ここに逆転のヒントが隠されて
いたのでした!!

甲斐は、大輔と藤ヶ谷の間に信頼関係があることを知り、
再び行動を起こすことを決意する。

そして「KAMIYA」にて行われている会議に
工場長とともに乗り込み、異議申し立てを
することに。

実は、就業規則によると今回の決定については、
異議申し立てを主張する権利があるということが
わかりました。

また、藤ヶ谷は実は「KAMIYA」の腕時計を
愛用していて、買収したいとオファーをしてきた
のだった。

そして、そんな藤ヶ谷の以降は
「メイドインジャパン」を維持できる人材を
次期社長にしてほしいというものだった。

それによって、工場長の新社長就任に向けての
演説が始まる・・・・

そして藤ヶ谷は、改めて事務所に訪れてきて
甲斐を顧問弁護士として幸村に頼みに
来ていたのだった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です