Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ブラックスキャンダル7話ネタバレとあらすじ!純矢が黒幕?!

ドラマ「ブラックスキャンダル」
6話では物語が進み、ついに花園が
退場になりましたが、

フローライト社長の勅使河原が
社長を辞任して、後任に息子の
純矢ではなく、

謎の人物「ジョーンD」を
後任として登場させました。

この「ジョーンD」という、
名前からしてうさん臭さ満載の
人物が新社長として就任することで、
フローライトはどうなっていくのか?

ということで、この記事では
「ブラックスキャンダル」7話の
ネタバレやあらすじをまとめて
いきたいと思います!

スポンサーリンク

 

ブラックスキャンダル6話の振り返り

CM出演をかけて、久保寺社長の
パーティーに参加した
フローライト一行。

しかし、CMに参加するための
条件は、久保寺社長との
枕営業が求められていたことが
発覚する。

そして、花園の巧妙な手ほどきに
より、ソフィアは変態プレイを
要求されることになり、

激しく抵抗した結果、
久保寺社長は亡くなってしまう。

そのとき、ソフィアから
助けを求められていたマネージャーの
水谷が彼女をかばい、逮捕されてしまう。

ソフィアは、事件のネタを盾に
花園の言うがままにされてしまい、
ヌ〇〇写真集の撮影をやらされる。

困り果てたソフィアを見かねた
亜梨沙や小嶋が心配するが、

本当の事を話せば、
多額の違約金を払わされると
脅しを受けていたことがわかる。

一方、亜梨沙は巻田を使い、
花園が枕営業を強要していた
証拠をつかむが、

巻田の裏切りに遭ってしまい、
花園にばらされてしまい、
フローライトを解雇されてしまう。

その後、ソフィアは写真集の
現場にて準備していたが、

やはり耐えきれなかったため
現場から逃げ出す。

一方、ソフィアから悩みを
打ち明けられた小嶋は、

自身が枕営業を強要されたことを
動画にて告発し、ニュースで
取り上げられる。

また、小嶋の告発により
花園が枕営業を強要したことが
明るみになり、

フローライトをクビになり、
後任には亜梨沙が就任する
こととなった。

亜梨沙と純矢が亜梨沙の
マネージャー就任祝いを
していたときに、

亜梨沙が実は藤崎紗羅で
あることを告白する。

同時に勅使河原が社長辞任の
会見を開き、後任には
「ジョーンD」が就任することが
報じられていた・・・

スポンサーリンク

ブラックスキャンダル7話あらすじ

勅使河原純矢に、自分が藤崎紗羅で
あることを打ち明けた矢神亜梨沙。

そして亜梨沙は、父親の勅使河原友和に
復讐するつもりだと純矢に告げる。

すると純矢は、思わぬ言葉を亜梨沙に
返すのだった…。

一方、『フローライト』の新社長に
なるジョーンDは、

社員たちに「私が社長になったら、
タレントもマネージャーも、
ともに整理をする」と言い放ち、
『フローライト』には不穏な空気が漂い……。

ブラックスキャンダル7話ネタバレ

 

亜梨沙が告白

亜梨沙は、純也に自分が藤崎紗羅で
あることを告白すると、
驚きながらも5年前に紗羅を疑った
ことを詫びた。

そして、亜梨沙が勅使河原社長に対して
復讐を考えていることを話すと、
純矢も「俺にも手伝わせてくれ」と語る。

そんな亜梨沙と純矢のやり取りを
聞いてしまった小嶋は、

亜梨沙がこれまでやってきたことは
すべて復讐のためであることに
ショックを受けてしまい、
亜梨沙に対して距離を置く。

一方、阿久津は純矢に対して
すべてを告白したと亜梨沙から
聞かされて、

「また純矢とやりなおせばいい」

と亜梨沙を励ます。

ジョーンD登場

フローライト社内にて。

ジョーンD曰く「社内のタレントや
マネージャーを整理する」とのことで、

会社が求める人材ではないと
判断された場合には整理されると
いう状況に、社員もタレントも
戦々恐々の様子。

一方、週刊星流の巻田は、
とっておきのネタが二つあると
いってまたまた悪いことを企んで
いる様子・・・

勅使河原社長に復讐

亜梨沙と純矢は勅使河原社長に対する
復讐の方法を模索していた。

どうやら社長のパソコンの中には
脱税の証拠があり、それを公表したいと
考えるが、

勅使河原社長のみがログインできる
というソフトだったため、
純矢は知り合いに解析ツールを用意する。

そんな話を阿久津も聞いていて、
復讐に参戦したいと言うが、

亜梨沙も純矢も女優である阿久津に
加わらせるわけにはいくまいと
阿久津の提案を断る。

 

阿久津が巻田に接触

一方、阿久津は巻田に接触をして
あることを交渉していた・・・

 

勅使河原社長への復讐開始!

亜梨沙は、勅使河原社長をビルのフロアに
呼び出し、そのスキに純矢が社長の
部屋に忍び込み、

パソコンの中からデータを
抜き取る作業を行う。

しかし、社長のデータは厳重に
管理されていたため、
パスワード解析に時間がかかる。

社長が部屋に戻るまでの間に
パスワード解析が終わらないと
判断した亜梨沙は、

時間稼ぎのために、勅使河原社長に
対して自分が藤崎紗羅であることを
告白する。

純矢がデータを抜き取って
部屋を出たことを確認した後、

亜梨沙と社長は社長室に入り、
社長の脱税疑惑の証拠を突き付け、

偽の不倫騒動のことや
自分の母親が亡くなったことなど、

亜梨沙はこの5年の間に積もった
恨みや怒りを勅使河原社長にぶつける。

すると、勅使河原社長は、
自分の体にオイルをかけて
亜梨沙に火をつけさせようとする。

亜梨沙は社長に火をつけようと
するが、一歩手前で踏みとどまる。

その後、社長の脱税行為が公となり、
ジョーンDもあっけなく身を引いた。
そして、純矢が新社長に就任する。

 

まさかの裏切り?!

後日、亜梨沙は純矢に気持ちを
打ち明けようとしたその朝、

なんと阿久津と純也が婚約した
というニュースが週刊星流によって
流されていた・・・

一方、水谷は姉の墓の前で
「あいつは〇すから」と
発言し、復讐がスタート?!
しようとしていたのだった・・・

 

ブラックスキャンダル7話感想

7話で物語が大きく動きましたね~

黒幕は純矢で間違いないんじゃ
ないでしょうかね?

純矢が水谷の姉と恋愛関係に
あったけど、何かしらの理由で
(たぶん交通事故かなにか)
死なせてしまった過去があり、

勅使河原社長は、だから
純矢を社長に就任させたく
なかったのではないかと予測します。

水谷が週刊星流にドライブレコーダーの
DVDを渡していたので、
交通事故だったのかなと。

そして、そのことを週刊星流に
脅されていたために、
やむを得ず嘘の不倫報道を
流さざるを得なかったとか?!

となると、巻田はホントにゲスで
どうしようもない奴だな・・・・

また、純矢のヤバい過去を
知っている社長は、紗羅のことを
大事に思っていたからこそ、

純矢と別れたほうが幸せだと
思っての行動だったのか?!

そして、ラストで流れた
純矢と阿久津の婚約報道は、

おそらく阿久津が勝手に
流した情報であり、

これに関しては純矢は
タッチしていなさそう。

しかし、純矢と水谷の姉の関係や、
阿久津ともしかすると恋愛関係に
あったのかもしれないし、

場合によっては3股していたのかも
しれないですね・・・

そりゃ、純矢はかっこいいけど、
ゲスすぎやしませんか・・・?

次回が待ち遠しいですね~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です