Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【3年a組】2話ネタバレと感想!「ある動画」の内容とは?

2019年1月6日からスタートした
ドラマ「3年a組」の第1話は、

菅田将暉さん演じる柊のぶっ飛んだ
キャラクターが話題を呼んでいました。

話の流れから考えると、
毎回景山澪奈の死に関わった
人物に制裁を加えていくような
感じがしますが、

第2話では、いったい誰が犠牲に
なるんでしょうか?

この記事では、ドラマ「3年a組」
第2話のネタバレや感想を
まとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

ドラマ「3年a組」1話の振り返り

卒業式をあと10日後に控えた
私立魁皇高校3年a組の生徒達は、

残りの学生生活を平穏に過ごそうと
していたのだが、

担任の柊が校舎を爆破して生徒たちを
監禁して「今日から人質になってもらう」
という衝撃発言をする。

生徒たちは、柊の発言に対して
冗談だと思っていたのだが、

生徒たちの前で事前に仕込んでいた
爆弾で校舎を爆破したり、

喧嘩を挑んできた男子生徒たちを
一網打尽にしたことで、

生徒達も柊の態度が本気であることを
実感せざるを得なかった。

そして、柊は「これから最後の授業を行う」
と発言し、数か月前に自らの手で命を
絶ってしまった景山澪奈について、

なぜ死ぬことになってしまったのか、
その理由について夜8時までに考えて
回答するようにと生徒たちに投げかける。

そして、回答を間違えた場合には、
生徒ひとりの命を奪うと脅しをかける・・・

そんな柊の無茶ぶりともいえる問いに対し、
3年a組の生徒たちは様々な手段で
教室から脱出を試みるが、

考えられうる手段はすべて柊には
お見通しだったようで、
逃げ出すことは不可能だった。

そして、その答えは景山と一番
親しかった茅野が回答するようにと
柊から指名される。

そして、約束の夜8時に近づいた時点で、
茅野は柊から回答を求められる。

茅野が出した答えは、景山と親しくしていたが、
景山は将来が期待される水泳選手として
活躍していたものの、

ドーピング疑惑を噂されたことで、
茅野は距離を置いてしまった
ことを悔やみ反省していると答えたのだった。

しかし、柊は茅野の出した答えに対して
「不正解」と言い渡す。

3年a組の生徒たちは、茅野の出した答えに
対して「もうそれでいいじゃないか」と
不満げな様子。

しかし、景山がドーピングしたという噂には
根拠がなく、茅野の回想シーンを観る限りでも
ドーピングをしていたと思われる場面はなかった。

よって、景山がドーピングしていたという
噂は、3年a組の誰かが勝手に流したもので
あると言えるだろう・・・

そして、3年a組の生徒たちは実質的に
景山を無視したことで精神的に
追い詰めていたことに対する罪の意識は
持ち合わせていなかったようで、

そのことに対して柊は怒りを抑えきれ
無かった様子でもあった。

また、茅野と景山が仲良くなる前は、
どうやら景山は宇佐美香帆とも
親しかったようだが、

回想シーンを観る感じでは、
景山が宇佐美と距離を置いておる
様に感じられたため、

宇佐美が何かよからぬことをしていて
景山がそれを察知して拒絶したようにも
思えた。

そんな景山に対して宇佐美が復讐心から
嘘の噂を流していじめていたのではないかと
推測できる。

つまり、柊は景山の死に対して、
3年a組の生徒たちが何かを
隠していると睨んでいるからこそ、

反省を促しているのではないかと
思われる。

話はそれてしまったが、
茅野の出した答えに対して
不正解として、

生徒一人に犠牲になってもらう
という柊の発言に納得いかなかった
中尾が柊に対して不満をぶつける。

その時警察が学校内に侵入したことが
わかり、見せしめのためにと、

ちょうど目の前にいた中尾に対して、
ナイフを刺し命を奪った(ように見えた)

柊は、中尾の遺体を引きずり
廊下に運び出す。

また、茅野に対してパソコンを
美術室に持ってくるよう命じる。

そして、柊の命令どおりに
パソコンを美術室に持っていくと、

そこにはカッターナイフで切り刻まれた
景山の絵が飾られていた。

スポンサーリンク

「3年a組」2話ネタバレ

柊一颯が魁3年A組の生徒達を
教室に監禁してから一夜が明けていた。

生徒たちは、柊の命令によって
朝のラジオ体操(ダンス)を
させられていた。

瀬ヶ山署の刑事である郡司は、
柊一颯の身辺を調べ始め、

過去に勤務していたという
学校(咲宮高校)を訪ねる。

そして、柊の意外な事実を
聞かされることになる・・・

実は、柊は教師の相良と
交際していたようだが、

どうやら暴力を振るっていた
ようで、現在は心の病を
患っていたようだ。

一方、3年a組の生徒たちは、
景山が自ら命を絶って
しまった理由について、

柊が求める正解を
導き出すことができず、
されるがままの状態だった。

そして、柊は生徒たちに「第2問目」の
問題を要求してきた。

その内容とは、景山が命を絶つ直前に、
動機になったともいえる動画が
とあるSNS上にアップされていたという。

そして、その動画が3年a組の生徒によって
アップされたものであり、動画の内容は
悪意があって加工されたものだったとのこと。

そして、動画を投稿したものが
名乗りでなければ、

再びクラスメイトの誰かが
死ぬことになると
脅しをかけてくる・・・

景山の生前の回想シーンによると、
どうやらストーカー被害に
遭っていた模様。

そして、宇佐美が景山に
親しくしていた理由が
少し明らかになった。

宇佐美は景山が全国区の選手
だったため、その人気に
あやかろうとしていたことが
わかった。

それで、景山は宇佐美から
距離を置いていたのだった・・・

一方、生徒たちはトイレにいた
柊に襲い掛かり、頭を鉄パイプの
ようなもので攻撃して怪我を
させるが、返り討ちに遭ってしまう。

第2問目の回答期限が迫って
きたとき、相良文香から
電話がかかってくる。

電話に出ると、捜査一課の
五十嵐が話しかけてきた。

そのスキをついて、男子が
柊を取り押さえて殴りかかり、

爆弾のスイッチの腕時計を
取り上げるが、

腕に着けていた時計は
フェイクで、本物は足に
つけていたため、

その本物を使って教室に仕込んだ
爆弾でロッカーを爆破する。

そして、「ペナルティ」として
生徒を一列に並べて連帯責任を
取らせようとする。

甲斐は、柊のこれまでの行為が
ハッタリであり、

実は中島は生きているのでは
ないかと言い張ったとき、

動画を投稿した人物に対して
「早く名乗り出ろ」と
皆があおりだす。

すると、茅野が「私がやりました」
と言い出すが、

柊は投稿したSNSのパスワードを
言えと言うが、茅野は犠牲の為に
言ったため、答えられるはずもなかった。

そんなとき、宇佐美が動画を
投稿した犯人であると自白した。

宇佐美は、景山に避けられたことが
ショックだったため、

復讐のために景山を精神的に
追い詰めていたのだった・・・

しかし、フェイク映像を
撮影したのは宇佐美ではなく、

他の誰かが撮影した動画の
DVDが宇佐美のもとにあったから
投稿したのだという。

そして、柊は宇佐美に対して
説教をする。

柊の話によると、景山は
宇佐美に対して恨んでいるどころか、

寧ろ申し訳なく思っていたそうで、
涙ながらに柊に対して話していた
そうだ・・・

これで解決したのかと思われたが、
映像を撮影した人物が誰なのか、

それを突き止めるまでは
授業をやめることはできない
と柊は語る。

そして、中尾が死んでいないことを
生徒が問い詰めてくるが、

偽物と思われる手を生徒に見せて
脅しをかける。

しかし、脅しをかけるために使った
手は偽物だと思われるため、
中尾は生きているものと思われる。

そして、ふたたび警察が柊の
スマホに電話をかけ、

おにぎりを30人ぶん届けるため
五十嵐が柊と対面することになる。

「3年a組」2話感想

ネットでもさんざん噂されて
いましたが、

やっぱり中島は生かされて
いるようです。

そして、第3話では
内通者がいるということで
騒ぎになるみたいですが、

中島は柊と共犯ということで
陰で動いているのでは
ないかと思われます。

第3話では、映像を撮影した
人物が特定されて
いくんでしょうかね?

「今日から俺は」のような
笑えるストーリーでは
ありませんが、

第3話が待ち遠しいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です