Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【人生が楽しくなる幸せの法則】キャストとあらすじまとめ

お笑い芸人・山崎ケイさんが原作の
エッセイ「ちょうどいいブスのススメ」を
ドラマ化した作品

「人生が楽しくなる幸せの法則」が、
2019年1月10日よりスタートします。

夏菜さんが主人公のドラマですが、
本人とは真逆の存在感が薄い女性を
演じる内容になるみたいです。

そして、そんな夏菜さん演じる彩香を
山崎ケイさん演じる
「ちょうどいいブスの神様」が

救いの手を差し伸べるという
内容になるみたいですね。

タイトルがタイトルだけに、
物議を醸したようで
わざわざドラマの名前が変わってしまう
というトラブルはあったものの、

それなりに楽しめそうな
作品であることには違いなさそうです。

この記事では、
そんな「人生が楽しくなる幸せの法則」の
キャストやあらすじをまとめていきたいと
思います!

スポンサーリンク

【人生が楽しくなる幸せの法則】あらすじ

彩香、里琴、佳恵は、商社
「ジャストライト物産」総務部勤務の
OLである。

登場人物のひとり、彩香は
引っ込み思案の性格で、

うまく自己主張ができず、
存在感が薄い。

里琴は白黒をハッキリさせたい
タイプで、職場のなかでは
一匹狼的な存在である。

美人だが、性格が災いして
煙たがられている。

佳恵は、自分の事は棚に上げて
噂話や他人の悪口を好む性格。

そんな性格の異なる3人に対して
突如現れた「ちょうどいいブスの神様」が
救いの手を差し伸べるが・・・

スポンサーリンク

「人生が楽しくなる幸せの法則」キャスト

夏菜/中川彩香

商社「ジャストライト物産」の
総務部勤務のOL。

美人でもブスでもない
中途半端な立ち位置の

自己表現が下手で引っ込み思案な
性格の持ち主。

同僚に片思いをしているが、
受け身な性格であるため
アプローチできずにいる。

 

高橋メアリージュン/木原里琴

商社「ジャストライト物産」の
総務部勤務で彩香の同僚。

職場では一匹狼を貫いていて
スキがない性格。

他人のミスに厳しい
ところがある。

そんな性格が災いして
美人なのにもてない
というキャラ。

 

皆本 佳恵/小林 きな子

総務課勤務で中川彩香の同僚。

バンドマンのヒモ男と交際中で、
金や物で釣っている・・・

周りの女性に対しては
厳しい評価をつけている様子。

 

ちょうどいいブスの神様/山崎ケイ

バランスよく「ちょうどよく生きられない」
女性たちに救いの手を差し伸べるために
地球に舞い降りてきたとされる「神様」

劇中ではいろんなコスプレに扮して
出演する模様。

 

森一哉/忍成修吾

 

View this post on Instagram

 

前髪が伸びたな~

忍成修吾さん(@shugo_oshinari)がシェアした投稿 –

ジャスライト物産の
営業部・営業班の社員。

総務部の木原とは犬猿の仲で
いつも衝突しあっている・・・

佐久間良太/和田琢磨

主人公・中川とは高校時代の
同級生であり、現在も中川が
片思いをしている人物。

明るい性格で、職場の同僚にも
人気がある。

鴨志田萌/佐野ひなこ

営業部・商品企画班の女子社員。
いわゆるキラキラ系女子。

営業部の佐久間良太のことが
好きである。

中川綾香とはライバル関係に
なっていくのか?

松澤初美/伊藤周子

総務部課長で、自分の内面を磨いて
いい男と結婚したブスの勝ち組的存在。

かつて、ちょうどいいブスの神様から
指南を受けていた?!

上原重吉/田山涼成

引用元 https://www.ytv.co.jp/shiawasenohousoku/chart/

ジャストライト物産の社長

吾妻博和/徳井優

引用元 https://www.ytv.co.jp/shiawasenohousoku/chart/

総務部部長

 

「人生が楽しくなる幸せの法則」の見どころ

 

ドラマと繋がっている「チェインストーリー」が配信!

動画配信サービスGYAO!にて
ドラマ「人生が楽しくなる幸せの法則」の
キャストにフォーカスした内容の
身にドラマが配信される予定。

女子あるあるを実感できる?!

主要キャスト3人の「こじらせ女子」に対して
ちょうどいいブスの神様が色々とアドバイスを
する場面や、

女性にとって共感できる内容に
仕上がっているところが、

原作者の山崎ケイさんが作品を通じて
訴えたいポイントなのではないかと
思います。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です